TOPページ>はじめての方へ  
はじめて、はり・きゅう治療を受けられる方へ
●鍼灸医学は予防医学のひとつです。
どんな健康な人でも、骨格や筋肉、内臓にちょっとした”ひずみ”を持っています。病気ばかりでなく体質の改善、病気の予防、健康管理に鍼・灸を大いにご利用下さい。
●はり・きゅうの効果は化学的にも解明されつつあります。
万病に効くと云われているツボ「足の三里」に鍼を打つことによって、胃下垂状態だった胃が、正常に働くことが解明されています。その他、痛みの軽減、血流の改善や皮膚温の上昇など、鍼・灸の刺激は自律神経系、内分泌系、免疫系に作用することが確認されています。
●瞑眩(めんげん)について
治療後一時的にいろいろな症状が出てくることがあります。これを漢方では瞑眩(めんげん)といって、むしろ効果の現れる証拠とされていますからご心配はいりません。
時が経てば必ず良い結果を期待できます。
●治療効果と治療回数について
鍼灸治療の効果は発症して日の浅い病気ほど早く治ります。一回の治療で激しい症状がピタリと軽減することがしばしばありますが、慢性症状になりますと気長に続けなければ治りません。その他必要に応じて鍼灸師がご説明いたしますが最も大切なことはあなた自身が真剣に治そうとする心構えです。
           「鍼灸のすすめ」平成20年10月 社団法人日本鍼灸師会広報普及部発行より